体毛抑制の成分

体毛抑制といっても男性の体毛のはなしですが、男性の体毛は女性よりも濃いことで知られています。それは何故かというと、男性ホルモンのテストステロンが体毛の毛穴の中にある毛母細胞の毛乳頭という部分に働きかけ、毛を濃くするのです。男性がなぜ女性より体毛が濃いのか分かりませんが、男性は太古の昔から、外での活動が多くそして、寒い所で長くいることが多いという面がありました。体毛は体温調節の作用があったのです。また声が低いのは異性をひきつけるためだったらしく、体毛も男性らしさの表現だった可能性があります。男性の体毛を薄くするには、女性ホルモンを与えてやればいいわけですが、女性ホルモン自体を使用するのは、性適合の施術の場合でないかぎり、不可逆的なものとなり、使用するべきではありません。ではどうすればよいか、実は大豆イソフラボンには、女性ホルモンに似た働きをすることが認められています。大豆イソフラボンを体毛の毛根のある肌に塗れば、テストステロンに対抗する成分として大豆イソフラボンが活躍し、結果として毛が薄くなるのです。https://null-asl.site/sunege.html