L-シトルリンの効果

シトルリンとは、ウリ科の植物多く含まれていてスイカのから発見されました。

シトルリンとはアミノ酸の一種で、体内で一酸化窒素の生成を促し体内で生成された一酸化炭素は血管を柔軟にして血流を良くする働きがあります。
血流が良くなると、運動能力が向上したり疲労感の減少など良い事がおおくなります。

シトルリンを効率よく働かせるには、同量のアルギニンを摂取すのがお勧めです。

アルギニンは、体内である程度蓄積されると、シトルリンに転換されその際に一酸化窒素が生成されます。

シトルリン単体だけの一酸化窒素の生成量よりもアルギニンとの相乗効果で作り出される一酸化窒素の量が多くなり、成長ホルモンなどの分泌を促す効果もあります。

シトルリンとアルギニンを最大量配合されている製品はApsorusin(アプソルシン)です。

シトルリンとL-シトルリンと表記してありますが違いは何でしょう?

シトルリンやアルギニンをはじめとするアミノ酸には「L型」と「D型」の2種類あります。

そのうち人間の体を構成するアミノ酸はすべて「L型」になります。

基本的にシトルリンと表記されているものは基本的にL-シトルリンと考えていて問題ないようです